スリランカ・セイロン島 コロンボから車で約7時間、UVA地方のウエリーマーダと言う小さな町から

山道に入ったところに吉川のり子さんが所有する「NORIKOS TEA GARDEN」があります。



神奈川県横須賀在住の吉川のり子さんは開業医だった夫と共に、災害や事故で孤児になった子供達を
横須賀の自宅で育て、子供達が大学を卒業し、子育てを終えたときに、これからの人生を自分の為に
チャレンジしたいと考えました。

紅茶好きが高じて20代後半から通った帝国ホテル日比谷クラブ(現、インペリアルクラブ)での
ロイヤルティーマナーなどから紅茶に夢中になりヨーロッパで紅茶文化に触れ、アジアの産地を
訪れるようになりました。

初めて訪れたスリランカ標高1600メートルのウヴァ高原で、エリザベス女王が
「誕生日には朝からこの紅茶を飲みたい」といわれた紅茶に出会い、

 ”これを超える私のウヴァティーを作りたい”と決意。

1999年、体に害のない有機肥料、無農薬栽培を実践しようとウヴァ地方に茶畑を求め、
会社を立ち上げオリジナルのウヴァティー 「Noriko Special Uva Tea」 が完成しました。



「NORIKOS TEA GARDEN "UVA" SAJIMA1」 当初は木の看板でした。



紅茶農園経営から得た収益は、内戦で両親を失った子供達や、2004年スマトラ沖地震による津波で
親を亡くした子供達の為に孤児院や幼稚園を設立しました。



日本の友人達から頂いた古着や小物を子供達に届けました。
おしゃれできてみんな大喜び。


内戦下のスリランカにわたり、様々な苦労の末、無添加無農薬にこだわり有機肥料から製茶まで人の手による
伝統製法で作った紅茶は、スリランカ政府紅茶局ティーボードコンテストでシーズン金賞と最高ランク二つ星を
獲得しました。

又、スリランカにおける雇用と、私財をなげうっての支援活動がみとめられ2012年「エイボン女性賞」を受賞。
今なおその支援は続けられております。